顔汗でメイクも落ちてスッピンだ

学生の頃から、全体的に汗っかきで特に顔にも良く汗をかいていた。
友人からも、大丈夫?と聞かれることもしばしば。健康な証拠だよと慰めてくれる友人もいた。
これがまだ、メイクのしていない学生時代では、まだタオルでガッツリ拭けて良かったが、社会人になり、毎日メイクをするようになると大変な事も増えた。

通勤も一苦労、汗を拭きながら会社に到着し鏡を見るとまるでスッピン。
慌ててメイクをし直す。始業ギリギリで滑り込むと、また汗が・・。
夏でなくても、仕事が多忙だと汗が出る。電話してても受話器が湿ってくる。終わって受話器をこっそり拭くのも、日常茶飯事だ。

社外にでても大変。ある日展示会の準備があり、早朝より準備に追われ、展示会の開場前に鏡を見ると眉毛がない!
これはヤバイと化粧室で急いで書き足す。なんか左右が違うけど、まっいいかと展示会の受付へダッシュ。
現在汗に強い、メーク道具や眉ずみも販売され、すごくありがたい話だ。

デートの時も気を使う。緊張したり、話が弾んで興奮して話すと、よく汗が出る。
ハンカチでいつも拭くのも、恥ずかしいし、でもそのまま滝のように流れる汗を彼に見せるのも
辛い。悩ましい選択に、当時の私が通販で見つけたものがある。
それは、京都の舞子さんや芸子さんが、顔に汗をかくと困るので、顔の汗を止めるツボを刺激して、顔汗をストップさせる商品(汗止め帯)だった。
白いゴムバンドにツボを刺激するポッチが付いてある。バンドを脇の少し下あたりに巻き止めるというものだったが、顔汗が少しでも軽減されるならと、購入した。

私の使用の仕方が悪かったのか、バンドがズリ下がり、集中力にも影響が出て汗も出るという結果になり、使用を断念。

現在も、顔汗は症状変わらずに更年期もやって来て、常にハンカチおばちゃんだ。

カテゴリー: プラセンタの効果 パーマリンク