プラセンタ摂取は自分のライフスタイルに合わせて選ぼう

プラセンタの摂取方法としては、「サプリ」「ドリンク」「点滴」「注射」とあります。
それぞれにメリット、デメリットがあると思いますので、説明していきたいと思います。

サプリ

まずは「サプリ」ですが、メリットとしてはやはり「手軽に摂取できる」ということではないでしょうか?

割と薬局でも簡単に手に入りますし、持ち運びも出来るので、忘れずに飲み続けることができるのは大切な事ですね。あとは価格が比較的リーズナブルなところも継続しやすいメリットです。

逆にデメリットと言えば、サプリに含まれるプラセンタの量が少ない事。どれだけ濃縮してもやはり限られています。その分、摂取してもなかなか結果が表れにくいというのがデメリットだと思います。

ドリンク

次に「ドリンク」ですが、メリットとしては体内に吸収しやすいという事です。液体なので、そのまま各消化器官へと染み渡り、吸収されやすいのがメリットだと思います。

また、デメリットとしては少々お値段がお高くなることです。サプリに比べるとやはり高いと思います。数ヶ月単位で摂取するには、お財布と相談する必要がありそうです。

詳細⇒プラセンタはサプリとドリンクで取るならどっちが良いの?

点滴

次に「点滴」ですが、メリットは血管から直接体内に取り込むことができるので、即効性があります。

これは大きなメリットです。効果も表れやすいのが特徴です。

デメリットとしては時間がかかる事。摂取するには病院に行って点滴をしないといけないので、その病院までの時間もさることながら、点滴自体も15分程度を要するため、手軽に摂取とはいかないようです。
あと、やっぱり値段も高くなります。保険外適用の場合が多く、実費になるので高くなったりします。

注射

最後に「注射」ですが、こちらもメリットとしては直接体内に入れるため、即効性があるのがメリットです。そして病院に行って打つことは勿論ですが、点滴のように長い時間は必要ありません。

デメリットとしては、プラセンタの注射は一般的に静脈注射でなく、いわゆる筋肉注射であるため、非常に痛い事です。そのため、腕だけでなく、臀部への注射もしてくれる病院もあります。こちらも点滴ほどではありませんが、保険外適用の場合が多いので実費となり、高くなってしまう場合があります。

また、プラセンタは継続的に摂取する必要があるので、「点滴」や「注射」は病院に通う必要があるため、なかなか難しいのが現実です。自分にライフスタイルで選び、摂取するのが一番ですが、何に重点を置くか、も検討の一つだと思います。

カテゴリー: プラセンタの効果 パーマリンク